ナンパにおける即系物件とは?

「すぐにヤラせてくれる女の子」を意味する言葉です。

即物件や即系と言われることも多いです。

おそらく、由来は、ナンパ師のサンジさんの著書『即系物件 渋谷の裸少女たち』だと思います。

出版は2005年なので、かなり昔から存在することばのようです。

すぐにヤラせてくれる女の子は、男なら誰もが知り合いたいと思うかもしませんが、新宿や渋谷などの繁華街でナンパをしていれば、簡単に出会うことができます。

僕のブログでも即系の女性との記事があります。

参考にしてください。

 

即系物件とはどんな女の子?

即系物件とは、自傷、家出、親からの虐待、性的コンプレックスなど、複合的な要素が絡み合って、すぐにヤラれる女性のことです。

親からの愛情を受けていなかったり、時に虐待などの仕打ちを幼児期に受けたりすることで、自己肯定感の低い女性が多いです。

そのため、鬱(大量の薬の服用)やリストカット、アルコール依存の女性が多いです。

見た目の派手さに反して、心に闇を抱えている女性が多く、何不自由なく育った一般家庭の人からすると、あまりのカオスぶりに、にわかに信じられない存在だと思います。知らないでいい世界かもしれません。

しかし、ストリートナンパやネットナンパを繰り返していると、当然、即物件の女性と出会います。

もちろん、即物件の中には、ごく普通の一般家庭に育った、闇を抱えていない天然の男好きの淫乱娘もいます。しかし、それは少数派だと思います。

即物件をゲットするためには?

ふつうにナンパしている男性にとって、即物件と一夜をともにするにの特別な技術は必要ありません。特にストリートナンパの世界では、早いもの勝ちです。

即物件らしい女性を見つけたら、速攻で声をかけましょう。

そして、

叱る

肯定してあげる

この二つをうまく使い分けて、女の子を強気でリードしましょう。

しかし、即系物件の女の子といえば、当然に女の子からのNO(グダ)に遭遇します。

そんなグダに遭遇したときは、次の参考記事にグダ崩しをしてください。

参考記事ナンパするなら必須!グダ崩しの9つの具体例

即系物件の特徴

即系物件の特徴を紹介します。

即系物件の特徴をひと言でいうと、

意志が弱く、流されやすい女性

ということです。つまり男性の押しに弱いのです。

そういう女性ですので自分に自信がありません。

自信がないから

☞ 誰かに頼りたい→男に依存する

☞ 将来を悲観している→今が楽しければいい

☞ 自分の価値が低く考える→すぐに体を許す

こんな精神構造になります。

しかし、この情報だけだと、ナンパする際に即物件を見分けることは難しいので、もうちょっと具体的な特徴を紹介します。

即系物件の特徴(見た目編)

即物件の特徴を見た目から挙げていきます。

もちろん、ストリートナンパをするときは、外見から見分けることになります。

・歩くスピードが遅い

・何かの食べながら歩いている

・服の露出が高い

・服の着こなしのバランスがおかしい

・靴が汚い

・バックの中身がごちゃごちゃ

・ニヤニヤしながら歩いている

・うつむきながら歩いている

・キョロキョロしながら歩いている

・リストカットの跡がある

・舌っ足らず

ストリートナンパをしている男性からすると、納得の特徴だと思います。

即物件の女性に共通して言えるのは、【バランスの悪さ】です。

服の着こなしなり、身振りや振る舞いなどのバランスが悪く、周りの人から浮いた女性が狙い目です。

即系の見分け方は、バランスの悪さにもっとも注目してください。

例えば、「服の露出が高い女性」のすべてが即系というわけではありません。しっかりしたファッション意識を持って露出が高い女性は逆に攻略が難しいです。

一方で、即系は、服の露出の仕方が変に胸元がダラ~んと開いていたり下品だったりします。

ファッションとしての露出でなく、だらしない雰囲気を醸し出している女性は即系です。

即系物件の特徴(中身編)


即系の女性の中には、外見では気づかなくても会話をしているうちに即系と気づくタイプもいます。

また、出会い系サイトなどのネットナンパをする際には、次のような兆候をプロフィールから読み取れれば、即系の可能性が高いです。

・アルコール依存

・心療内科からの薬を服用している

・ホスト狂い

・バンドの追っかけをしている

・家庭環境が複雑

・寂しがり屋

これらの共通の特徴は、精神面の【バランスの悪さ】にあります。

外見面、内面ともにバランスの悪さというのが、即系を見分けるキーワードになるのです。

即系とのエッチを書いたナンパブログを紹介

即系とのエッチを書いたナンパブログを紹介します。

まずは、ご存知!チバさんのブログからです。

参考ブログ①新宿ナンパ大戦争Ⅱ

即系物件:ナンパスポットに戻る女の子

 

出会い系サイトで探す即系物件

もともと、即系物件はストリートナンパの用語ですが、難易度が高いと思う方は、出会い系サイトで探すことができます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

最近は、ペアーズとか婚活サイトが幅を利かせていますが、即系女性を探すなら、老舗の出会い系サイトがいちばんです。

出会い系サイトで即エッチするためのマニュアルを作りましたので、参考にしてください。

参考記事出会い系サイトで即エッチするマニュアル

即系物件はナンパ師にとって劇薬であることに注意

即物件は、ナンパ師にとって複雑な存在です。

ナンパ師にとって、即こそモチベーションアップに繋がります。

即系物件は決してブス多いわけではありません。むしろ、ふつうに人気のあるキャバ嬢のようなルックスの女性も多いのです。

しかし、一部の凄腕以外のナンパ師にとって、即は決して簡単なことではありません。

ですので、即系物件は自分の即数は底上げしてくれるありがたい存在です。一方で、即系物件ばかりとSEXをしていると、女性不信に陥ったり、ナンパにやりがいを感じなくなったりします。

即系との肉体関係を重ねるうちに、得られる快楽より、自身に穢(けが)れを感じる嫌悪感が勝るようになります。

“即系には手を出さない!”と決意しても、目先の安易な即エッチに目がくらみ、即系に手を出してしまい、後悔したりします。

即系物件との付き合い方は、ナンパ師にとって、重要なテーマになるのです。

ナンパでの即物件の体験談

2月8日(土) 都内某所でのナンパ。

都内某所と言っても、僕が都内でナンパするのは、新宿、渋谷、池袋くらいのものですけどね。

ナンパはうまくいく時と、いかない時の落差が激しいです。ダメなときは、このまま一生、即ができないんじゃないかと思うほど苦しい。

しかし、そんな苦しい現状を打破してくれる存在・・・

それが、即物件なのです。

しかし、即物件は諸刃の剣です。

今回は、そんなお話だよ。

ちょっと、派手めで色白な女の子を発見。

太郎 「こんにちは。」

女の子は無言で軽く会釈します。一瞬キョトンとした表情を見せましたが、あまり表情が変化しない子です。

太郎「何しているの?買い物?」

女子「違う。」

太郎「今、ヒマなの?」

女子「うん。まあ。」

太郎「じゃあ、ちょっとでいいから一緒に遊ぼうよ。」

女子「うん。」

会話は続きますが、弾みません。

嬉しそうでも、面倒くさそうでもなく淡々と返事をするだけ。感情が読み取れませんが、雑なトークなのに遊び打診OKです。

太郎「腹減った?」

女子「ううん。」

太郎「ファミレスとかならOK?」

女子「別にいいよ。」

カノジョのボキャブラリーは、基本「はい」か「いいえ」しかありません。

太郎「可愛いね。俺のタイプなんだけど。」

女子「そうなの。」

のんは、血色はあまりよくありません。ちょっと不健康な感じの少女です。よく、全校集会で貧血で倒れそうな子です。

不潔までいきませんが、清潔な感じでもありません。

ただ、見た目はふつうに可愛いです。愛想よくないですが、そっけなくもない女の子です。

いきなりハンドテスト。

グダなし。

握ったポジションが悪いのか彼女が握り直します。

首回りのゆるい服を着ているので、頑張ればブラが見えそうです。

あっ、見えた! 

ブルーのブラです。

カバンの中も見えますが、ペットボトルとかごちゃごちゃとしていて、コンバースの白のスニーカーも汚れが目立ちます。しかし、全体的には服には気を使っています。

太郎 「めっちゃ、肌白いじゃん。」

女子「うん。」

頬を撫でながら、反応を伺います。いやがるそぶりは1mmもありません。

薄紫の薄手のニットから小ぶりながらはっきりと胸のラインが見えます。

太郎「胸のラインがきれいだね。ファッションモデルみたい。」

攻めます。

彼女は、自分の両手で胸を抑えました。

女子「小さいの。」

ファミレスに行こうと思ったのですが、ソクを確信して、レンタルルームへ向かいます。

レンタルルーム前。

太郎「入ろうか。」

彼女の返事はなく、無言の承諾でした。黙ってついてきて、階段を下りて、レンタルームへ。

自販で、部屋代とゴム代のチケット2枚を購入しまいた。

彼女は無言で、購入の様子を見ていました。

部屋に入ると、彼女の黒のジャケットを脱がしてから、キスをしました。彼女の口内の感触は冷たくなっていました。人らしい温もりは感じられず、無機質な冷淡さがします。

狭い密室の空気の悪い温暖さに気分が良くなかったので、キスしたひんやりした感覚が心地よかったです。

ディープキスをしながら、胸を揉みました。小ぶりですが、形はよく弾力性がありました。

ニットを万歳して脱がすと、上半身は見覚えのあるブルーのブラ1枚になりました。個人的にはこのシチュエーションがいちばん興奮します。

ミニスカートの中に手を入れると、湿地帯から生暖かさを感じました。キスした冷たい感触といいコントラストになっていました。

「脱がして。」

そう言って、僕のベルトを外すように彼女に指示をしました。

太郎「どうして俺としようと思ったの?」

僕がナンパをするとだいたい聞く、女性からしたらキモイだろう質問を彼女にもしました。

女子「どうしてって・・・」

やはり、気の利いた返事はありませんでした。

僕は下半身全裸。彼女は上半身全裸になりました。

僕は、全裸になるまでにすごく時間をかけるタイプです。

なんか全裸になった瞬間、急に覚めてしまうからです。

今回は、そんな僕の性癖があだになりました。

彼女のフェラをさせている最中に、彼女のスマホが鳴りました。

女子「あっ、ちょっと出るね。」

初めて彼女の言葉に感情がこもりました。

狭い室内です。男性の声が響きました。

男性の声「お前、今、どこにいるんだ?」

チンピラっぽい若い男性ながら、野太い声です。

やばい!

焦りました。簡単にヤレると思ったけど、美人局だ。

女が部屋番号を教えて男が乗り込んでくるかもしれない。この状況をどう逃げ切るかを考えながら、トランクスを急いで履いて、デニムに足を入れかけたとき、次の言葉が聞こえました。

男性の声「客と一緒か?」

女子「ううん。違う。お客さんじゃないけど、男の人といる。」

男性の声「お前、今いくら持っている?今月ヤバいんだ。来れるか?」

ホストやんけ!

安堵しましたが、次の心配が頭によぎりました。

まだSEXしていないんだけど!

女子「うん。今近くにいるからすぐ行く。」

男との会話が終わりました。

太郎「ホストか?」

女子「違うの。カレシなの。行かないと・・・」

太郎「5分で終わらすから、サクッとやろう。」

女子「ごめんね。急がないと。」

仕方なく妥協して、ピストン一往復と、自分が手コキを手伝って口内で発射しました。ゴムをつける時間も惜しんで突貫工事でした。一連の作業は2分で終了しました。

シャワーも浴びずに、あたかも延長料がかかる直前の退出のような慌ただしさでレンタルルームを出ました。

女子「ごめんね。またどこかで会ったら・・・」

太郎「うん。じゃあな。」

女子「バイバイ。またね。」

連絡先も交換せずに別れました。

あたかもホテル前のデリヘル嬢とのお別れのような不自然な男女の別れ方です。

ちょっとオツムの足りない女性が、きっと風俗で稼いだだろうお金を男にむしり取られる現場を目撃して不憫に感じました。

彼女の幸の薄そうな容姿が印象的です。ちょっと違ったアタマがあったら、それなりに可愛い女の子だったので、違った人生を歩めたのではと思いました。

ホストもクズだし、

そんなホストも貢ぐ女もクズ。

でも、そんな女の気まぐれに振り回されながら、ナンパで即して喜んでいる俺もクズ。

この街は、クズの見本市なんだと気づきます。

俺が考えていたナンパはこんなものだったのだろうか?

自問しました。

もう即物件とヤルのはやめにしよう。

そう決意したのですが、おそらく喫煙者の禁煙宣言のようなものです。たぶん、宣言と掟破りを繰り返すのでしょう。

いいこと考えました!!

即物件とヤルのを法律で禁止すればいいのです!!

2020年〇月△日 即物件との即禁止条例

これを制定すればいいのです。

飲酒運転だって厳罰化してまともな人の飲酒運転はほとんどなくりました。

即物件とのエッチも同じです。

しかし・・・

次のようなニュースになったらイヤですね。

昨夜未明、東京の渋谷センター街近くで、ナンパ師の男性が、即物件の女性をナンパして、ホテルでみだらな行為をするという事件がおこりました。

警視庁は、東京都豊島区在住のピシマ太郎容疑者(37)を「即物件との即エッチ禁止条例」違反の疑いで逮捕しました。容疑者は、「肉体関係を持ったのは事実だが、即物件との認識はなかった」と容疑を一部否認しています。なお警視庁は、まだ余罪があるものと追及をしています。

 

キャスター:ナンパ師による即物件との性行為の事件が後を絶ちませんねえ。

K女子アナ:そうですね。ナンパ師なら誰でもヤレる即物件でなく、私みたいなハイスペックな一般女性を狙って欲しいですね。

キャスター:いやあ、あなたのような巨乳美女には男性も恐れをなしてなかなか声をかけれませんよ。

まあ、くだらない雑談になりましたが・・・

ナンパ師というのは、

即に喜び

即に悲しみ

即に癒され

そして即に傷つく

自分がクズだと口では言ってはいても、ナンパできることに変なプライドを持った気持ち悪い生き物なんだよ。ナンパ師ってね。

ナンパ師には即しなかない!

でも、即だけじゃあ、虚しい。

俺はどこに向かえばいいのか?

即の先に幸せな未来はあるのか?

朝まで歌舞伎町でナンパして、成果が出ずに早朝カラスの鳴き声を聞く。

ゴミを漁るカラスを見ながら、即を求めって彷徨う自分の姿に重ねてしまう。