オススメ記事

出会い系サイトPCMAXでの体験談です。(ネットナンパ成功

馬橋に一人暮らしの由紀ちゃんと待ち合わせをしました。

待ち合わせ場所は、馬橋駅前の東武ストアの入り口です、本当は
駅の改札の方が見つかりやすいと思ったのだけど、そっちの方が
涼しいからと決まりました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

しかし、意外と簡単に由紀ちゃんを発見しました。ボーイッシュ
な紺色のキャップを被っていたので、すぐに見分けることができ
ました。

「はじめまして。」

お互い簡単に挨拶をすると近くのカフェに行きました。

彼女は、24歳のフリーターさんで、短大卒業後に都内のメーカ
ーに勤務をしていたようですが、会社組織に馴染めずに2年で退
職をして、現在はコンビニでバイトをしながら生計を立てている
ようです。

由紀「なかなか人生って順調に行かないよね。」

由紀ちゃんは、笑いながら自嘲気味に言いました。

確かに36歳の自分の人生も平坦なものでなかったので、その気持
ちはよく分かります。

自分「まだ若いからいろいろチャレンジ出来るよ。」

由紀「チャレンジする気力もないのよね。」

結局、彼女は流されて行きているのを選択しているようでした。

真面目な話から、過去の恋愛話になりました。

実は、由紀ちゃんは、真剣に交際したことはなく、二股の男性
に遊ばれたり、不幸な恋愛ばかりを経験してきたようです。

由紀「別に男性に期待していないからいいの。」

それにしても、24歳にして、男性経験12人で全て遊ばれて
いるというのは彼女にも何か問題があるのかもしれません。

好きな体位の話になりました。

彼女の好きな体位はバックで、自分は正常位です。

自分「由紀ちゃんのアソコって下付きでしょ。」

由紀「なんで分かるの?」

自分「下付きだとバックが気持ちいいんだよ。」

由紀「ふ〜ん。詳しいのね。笑」

どうでもいい下の話になりました。

合コンとかだと、まずすぐに下ネタになることはありませんが、
出会い系サイトで会った女の子だと殆どが下ネタに突入します。

自分「由紀ちゃんは、フェラ得意なの?」

由紀「う〜ん。どうだろう?でも上手だよとは言われるけど、
お世辞かもしれないし。」

自分「これから上手かどうか判定してあげようか。」

由紀「あはは。いいよ。そんなの知っても仕方ないし。」

さて、カフェを出ると、「柏のマルイに行こう。」と提案をしま
した。

「なんで?」と理由を聞かれたましたが、「見たい洋服がある。」
と嘘をつきました。本当は、馬橋だとラブホが見つからないから
です。柏ならアテネとか安くて割と綺麗なラブホがすぐに見つかり
ます。

由紀「柏行くの久しぶり。じゃあ、行こう。」

予想外に彼女の方がノリノリでした。やはり、毎日バイトと家の
往復で退屈な毎日を送っていたのでしょう。

マルイやステーションモールでいろいろ洋服を見ながら、彼女も
かなり楽しんでいる様子です。

由紀「やっぱり、たまに遠出しなくちゃね。」

馬橋と柏は電車で数分の距離なのですが、由紀ちゃんにとっては、
ちょっとした遠出になったようです。

自分「由紀ちゃん、なんだか表情が生き生きしてきたね。」

由紀「う〜ん。最近、退屈すぎて死んだようになってたからね。笑」

いろいろ見て回った後は、ちょっと人通りのない方向に行って、
イチャイチャとしました。

由紀「ちょっと手早くない?」

自分「そんなことないよ。」

キスを試みましたが、拒否されました。

しかし、諦めずに

「本当にタイプだから。」

と何度もお願いすると、何とかキスを許してくれました。

そして、そのままうまく丸め込んで、ラブホテルにチェックイン
しました。

由紀「こんな軽い人だと思わなかった。」

出会い系サイトで待ち合わせをしていて、「軽い人だと思わなかっ
た。」はないんじゃないかと思いましたが、仕方ありません。

ベットの彼女を押し倒すと、ディープキスを5分ほど楽しみました。

それから彼女の白のプリントTシャツを脱がし、ブルーのブラを外し
ました。

B80の小ぶりのおっぱいでしたが、細身の体に合った綺麗な肌が胸
元の美しさを引き立たせました。

それから自分も全裸になり、彼女の下半身を脱がせました。

デニムを脱がすとブルーのパンティー1枚になった由紀ちゃんが
一層恥ずかしそうな顔をしました。

「いや、見ないで。」

そう言われると、なおさらガン見しないわけにはいきません。

恥ずかしがる由紀ちゃんから、半ば強引にパンティーを脱がすと
彼女は手で茂みを隠しました。

彼女の両手を掴み、彼女の敏感な部分を舌で転がすと、恥ずかし
いのか、気持ちいいのか身をよじって、バタバタしました。

今度は、自分のペニスを彼女の口元に持っていくと、嫌がる様子
もなく、口に入れて、舌でクチュクチュしてくれました。

自分「上手だね。」

由紀「知らない。」

そう言いながらも、一生懸命にペニスを咥えて、丁寧にご奉仕を
してくれました。

いよいよ、感度がマックスになり、ゴムを装着して、彼女の穴に
挿入をしました。

「あっ、あは〜ん。いいっ。」

彼女は、喘ぎ声を出して、気持ち良さそうな表情を浮かべました。

パコパコ

そして、フィニッシュ。

24歳のフリーター由紀ちゃんとの即エッチ体験でした。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

おすすめの記事