出会い系で会った19歳素人系美少女がねっとりアナル舐め

東京都新宿区 27歳 初めての出会い系サイト体験談

渋谷を中心にデリヘルファッションヘルス遊びを
繰り返していたリーマンです。

ただ、最近は風俗は写真見てもあまり可愛い娘いないし、
写真は可愛くてもまったく実物と違ったり外れることが多かったです。

風俗遊びの仲間と「なんで最近は、お店はダメなんだろう」と思案をしていたら
SNSとかアプリに可愛い娘が流れてるのでは?
という結論に達しました。

しかし、僕は恥ずかしながら、ガラケーでスマホ持ちでないので
アプリは使えません。

そこで、今さらと思ったのですが、出会い系サイトのPCMAX(18禁)に登録して
みました。

女の子のプロフィールを検索してると楽しくて一日で登録時の無料ポイント
を消費してしまいました。

意味もなく、いろいろ写真を見ていると
ポイントがどんどん消費していきます。

ですから、3千円分のポイントを購入して
今度は出会いの活動に専念しました。

節約モードに入ったところ、500円分のポイントを消費したところで
19歳の女の子とアポ。

顔の部分がハートの絵で少し隠れていたのですが、
黒髪で色白の清楚系の女の子です。

池袋西口の丸井の前で待ち合わせをすると、
アイドル顔負けの美少女です。

本当に学年で1人いるかのトップクラスの女の子でした。

まずは、彼女と簡単に自己紹介。

「リコです。」

「ゆうじです。」

と言葉をかわしました。

それから、池袋西口駅前のマクドナルドに行き、
レジに並びました。

そうすると、周りの男子大学生の集団が振り返るほど、
彼女の可愛さが際立ていました。

僕の彼女というわけではないのですが、
ちょっと鼻高々な気持ちです。

歯並びも綺麗で白く、肌はシミ1つない美しさでした。

私はあまりの可愛さにぎこちなくなり、何を話していいのか分からなくなり
「リコってどんな漢字なの?」とバカな質問をしました。

出会い系サイトの出会いだから偽名かもしれないのに。

実際に僕の「ゆうじ」は偽名です。

しかし、リコちゃんは感じ良く「草冠に利益の利。そして子供の子だよ。」と
教えてくれました。本名かもしれません。

莉子ちゃんとたわいもない話をしていると、
実は池袋の素人系のファッションヘルスに勤務していて、
いろいろあって最近は勤務していないことを打ち明けてくれました。

着こなしといい、仕草といいこんな上品な彼女が風俗嬢なんてビックリです。

そして、最近は仕事をしていないので、
今月は携帯代が支払えないとのことでした。

そんな身の上話から、条件付きでホテルに行くことになりました。

いつもなら安いホテルを求めて東口へ行くのが通常なんですが、
莉子ちゃんが相手だということで僕もテンションがあがり、
ちょっとキレイめな西口のホテルを選びました。

ホテルに入ると彼女は「本当にありがとう」と潤んだ瞳をウルウルさせて
僕をしっかりと見つめました。

あまりの愛おしさに莉子ちゃんをギュッと抱きしめて、
キスをすると彼女の方からしっかりと
舌をネトネト絡めてきました。

キスが一段落すると、
莉子ちゃんは「しっかりと私のカラダで楽しんでね」と
あどけない笑顔でハニカミながら言いました。

今までの風俗で経験ない感動です。

彼女が僕のズボンをおろすと、シャワーを浴びることもなく
夏の暑さで蒸れたペニスの先を表情を変えることなく
しっかりと舐めてくれます。

蒸れたペニスの悪臭が自分の鼻までツーンときましたが、
それでも彼女は嫌な顔をするこもとなく
一心不乱に好物の魚を漁る子猫のようにペロペロします。

しばらくすると、彼女は僕の体をうつ伏せ状態にさせ
アナルを指でなぞりはじめました。

ちょうと穴の部分を舌先でツンツンしたかと思うと、
舌全体を使いねっとりと強弱つけて刺激してきました。

今まで知らない快感に思わず、「うっ。」と声が漏れました。

「大丈夫?」と彼女が声をかけると、僕は「大丈夫。気持ちいいだけ。」
と本心を言いました。

僕が四つん這いの状態になると、彼女は後方の下側からペニスを
口にくわてまた、ねっとり舐め始めました。

このままじゃ、挿入前にイってしまうと思い、
莉子ちゃんのプレイを中断させ、
チンコを挿入しようとしました。

今まで、最大限のおもてなしをしてくれた彼女も
「ゴム無しはちょっと」
とやんわり拒否されてしまいました。

彼女が「ごめんね」と申し訳なさそうに言うと、
私も気を取り直し、ゴムをつけ挿入しました。

彼女は、まるでAVのような喘ぎ声をあげ、
清楚系アイドルのようなあどけない顔からは
想像もつかない大声をあげました。

レンタルルームではないので、
壁はしっかりしているはずですが、
おそらく外から声が相当漏れてたのではと思います。

そうするとフィニッシュすると、
僕はぐったりとベットに横になりました。

そうすると彼女が、私のゴムを外し、
ゴムに溜まった精子を口にごっくんしたかと思うと
ティッシュに口から精子を出しました。

そして、そのティッシュを彼女のカバンに入れました。

僕は驚いて、「どうしてカバンに入れたの?」とビックリして聞くと
「だって、ゆうじ君と2人の初めてのエッチの記念でしょ。」
と莉子ちゃんは言いました。

僕は感動して、涙が出そうなほどでした。

この話を僕の風俗仲間に話すと、
「なかなか商売上手な女だな。」
と笑いました。

しかし、僕はすっかり莉子ちゃんに入れあげて
週に1度は会っています。

出会い系サイト最高です。

【お得な情報】

会員数がダントツのPCMAX(18禁)なら
まったくの初心者でも若い素人娘を
月3ゲットも可能です。

今なら新規登録で無料お試しポイントが貰えるので
「本当に出会えるのか?」ぜひ、確かめて下さい。

>>PCMAX(18禁)の詳細はこちら<<

====================

【関連ページ】

PCMAX(18禁)登録で出会いマックス

PCMAX(18禁)の口コミ・評判

コメントを残す