江ノ島のナンパ待ち水着ギャル2人組と相互鑑賞乱交プレー

東京都豊島区 27歳 海ナンパ体験談

いつも出会い系サイトは、家で暇なときや通勤時間の合間に一人で利用している
のですが、昨年の夏は、江ノ島の海に行ったときに大活躍してくれました。

友達のユウジと冴えない男2人で、海だったらナンパできるかもと淡い期待を
胸に早朝から車で江ノ島へ向かいました。

写真

ピチピチの水着ギャルと一部のビーチナンパしている男性を尻目に
見知らぬ女性に声をかけられる自分たちではありませんでした。

とくにユウジは私以上のビビリで、「出会い系サイト」1つ登録するのも
「なんか怖いよ」と興味を示しません。

早朝から頑張って海に来たのに、昼を過ぎても結局野郎だけでの砂遊び。

何とも言えない敗北感が漂ったのですが、仕方なく暇つぶしにPC☆MAXの
掲示板をチェックしました。

「今、江ノ島の海!帰るのダルいから車で送ってくれる男子いる?」

といった書き込みがありました。

さっそく、メッセージを送ると先方も2人とのことで、
数もピッタリで看板の目立つ飲食店を目印に待ち合わせ。

江ノ島の水着ギャルと言うには、ちょっと地味だけど、普段真面目そうな
感じの娘が背伸びをして海に来たという感じのタイプの2人組。

2人とも見た目が真面目な清楚系なのに、
派手なビキニの頑張った感が微笑ましかったです。

でも、一応ギャルと言っておきます。

ただ、冴えない俺たち2人には上出来のコンビです。

超イイ女といった感じではないけど、ハニカム笑顔が可愛く小柄なエミちゃんの
方を私は気に入りました。

友人の方は、スレンダーなはるかちゃんを気に入った様子で
ちょうどいい感じでした。

江ノ島からドライブがてら鎌倉に向かうと、
渋谷で飲もうと高速へ向かいます。

結構早く、夕方くらいには渋谷について、
24時間の駐車場に車をとめて、居酒屋へGO!

2人ともハタチで、中学時代の友人らしく、エミちゃんはコンビニのバイトで
はるかちゃんはカラオケでバイトらしいです。

はるかちゃんは彼氏と別れたばかりらしく、
失恋の傷を癒すためにエミちゃんが企画したらしいです。

しかし、自分の狙っているエミちゃんは、高校時代からの彼氏がいるらしく、
自分的には超ショックでした。

出会い系サイトで掲示板に書き込んだのは、はるかちゃんらしいです。

居酒屋では、お互いの身の回りの話や、男女ともに相方の暴露話での自爆で
大盛り上がり。

エミちゃんは、最高3股経験があることや、はるかちゃんは、男1と女2の3P
経験があることが、酔いの会話から発覚をしました。

そして今回の海もナンパ待ちで来たような感じみたいなんです。

私も初体験の相手が、吉原の風俗嬢であることがバラされて、
「風俗店ってどんな感じなの?」
といろいろ質問を受けました。

かなり4人とも酔っ払い、宅飲みすることを提案しました。

池袋近くにユウジが住んでいるので、電車で割と移動が簡単なので、
車は明日取りに行くと言うことになりました。

家に行くと、もう4人とも酩酊状態で、部屋の冷房がオンボロで効きが悪く、
男は上半身裸になりました。

「2人ともシャツ脱いじゃいなよ。どうせ水着だって見てるんだし。」
と冗談でいったところ、
「どうする?」と真剣に2人で相談し合いました。

そうすると、ユウジの方が「いいから脱いじゃえ」といつになく強気でお気に入り
のはるかちゃんを脱がしはじめました。

はるかちゃんが軽い抵抗を示すと、酔いの回ったエミちゃんも笑いながら脱がす
のを手伝い始めました。

そすると、はるかちゃんは抵抗をやめて、上半身はブラ一枚になりました。

やっぱり、水着と本当の下着だと興奮が違います。

私と友人は、興奮で一瞬黙り込み、友人の股間が膨らんでいるのを確認しました。

ここから、4人の空気が変わりました。

これから「4人で乱交にもっていきたい」という男2人の阿うんの呼吸。

そして、その微妙な空気を感じ取る2人の女の子。

さて、脱がされたはるかちゃんが、今度はエミちゃんを脱がすことで復讐。

たまらない光景に興奮がMAXになりました。

なんとユウジが、ハルカの肩に手をやり、キスをしようとしました。

一瞬はるかは、「だめっ」と小声で言いましたが、その後は特に抵抗する
ことはなく、長い時間舌を絡め合っています。

エミちゃんは、クスクス笑いながら、下を向き横目でふらりのキスシーンを
横目でチラチラ見ています。

そんななか、エミちゃんと目が合いました。

私が、手を彼女の肩にかけると、さっと逃げるように咄嗟に体を背けました。

それに気づいたユウジが、「おい、エミ。お前、空気読めよ。」と酔っている
せいかいつにない強気で援護してくれたのです。

はるかも、「そうだ。そうだ。」ニヤニヤしながらこちらの様子を観察します。

予想外の2人の援護に決意した私は、今度は少し強気で彼女の肩を抱き寄せキス
をしました。今度はOKです。

その後は、上半身濃いピンクのブラ姿の彼女を押し倒して、下着をすべて脱がし
肌という肌を舐め回しました。

汗のせいか塩水のせいか、肌のしょっぱさが、これは空想の世界だけでなく生身
の女性なんだと思わされました。

コンドームがなかったので、そのまま生で挿入です。生での挿入は風俗でも経験
がなく、そのヌルヌルとして生温かい感覚は今でも忘れられません。

エミが耳元で「ちゃんと外に出してね。」と言いました。自分としても当然です。

その暫くあと、はるかちゃんが「もう。ちょっと!」と怒り声を上げるのが聞こえ
ました。

どうしたのか遠目で様子を伺うと、ユウジが中出ししてしまったようです。

ユウジは、「だいじょうぶだよ〜。」と悪びれる様子もなく、
相手をなだめていました。

その後、「俺は大丈夫だから。」とエミちゃんに言いましたが、
彼女が不安そうな顔をするので、
仕方なく口でイカしてもらうことにしました。

はるかちゃんいわく、高1から突如ヤリマンになったという経験豊富なエミちゃん
のテクニックはすごく、カリの先をつまんで手際よく舌を使って丁寧に舐める姿は、ふわ〜と不思議ちゃんキャラのエミちゃんとはまるで別人のようです。

あまりの気持ちよさにあっと言う間に射精すると、彼女は白濁液を口でしっかりと
受け止めると、軽く上を向きごっくんしました。

「ごめんね。口でイカせちゃって。満足できた?」とエミちゃんが聞いてきた
のです。

充分気持ちよく満足だったのですが、こちらのことをそんなに考えてくれる
エミちゃんの心根にすごく感動しました。

すごくいい子だと思いました。

その後、真剣にエミちゃんと付き合いたいと思い、その後何度か連絡をしましたが
メールの返信はあるのですが、再度会う約束はできません。

エミちゃんは彼氏もいるし仕方ないといえば仕方ないです。

彼女にとって、あの日の出来事は一夜の遊びでしかなかったんだと思います。

驚いたのは、友人のユウジがホテルから出て彼女達を駅まで送ったあと、
「どこかのタイミングでチェンジしたかったのにできなかったなあ。」
と言ったのです。

「チェンジ」とは、女の子を交換することのようです。

自分は、女の子を交換なんて考えてもみなかったのですが、
ユウジはずっとそのチャンスを狙っていたようです。

あんなビビリのユウジだと思っていたのに、積極的にアプローチしたり、
それどころか自分に助け舟を出してくれたり。

そして一番びっくりしたのは、平気で中出ししたりと
違った一面を見せられて驚かされました。

ひと夏のいい思い出です。

 

【お得な情報】
☆☆☆
に向けて出会い系サイトもアツいです。

会員数がダントツのPCMAX(18禁)なら
まったくの初心者でも若い素人娘を
月3ゲットも可能です。

今なら新規登録で無料お試しポイントが貰えるので
「本当に出会えるのか?」ぜひ、確かめて下さい。

>>PCMAX(18禁)の詳細はこちら<<

====================

【管理人が実際に会った女の子を紹介】

私が新宿でアポったエロい美少女を紹介します。

写真  写真

りおなちゃんへのインタビューとサービス画像PCMAX(18禁)登録方法ページの
下の方に一挙公開中です。

コメントを残す