オススメ記事

日頃お世話になっている出会い系サイトで人妻と遊んできました。
相手の女性は31歳の裕美さんで、深田恭子似の妖艶な人妻です。

2週間くらい前からメッセージをやり取りし、水曜日の昼間に渋谷
で待ち合わせしました。人妻にしては大胆な待ち合わせ場所です。

写真 のコピー

しかも、私立の中学校の教師をしていて、「生活指導」を担当して
いるらしいのですが、自分の「私生活」はめちゃ乱れまくっている
パターンですね(笑)

彼女は、親が厳しく中学、高校時代は援交などせず真面目に勉強を
していたらしく、大学に入ってから生活が乱れたらしいです。

ありがちですね。

大学時代にセックスの気持ちよさに目覚めて、4年間で100人位
とハメハメを楽しんだらしいです。

そして、教師になってからさらにストレスで酒とセックスの依存する
ようになったらしいです。

30代に入ってから、ますます性欲が高まり出会い系サイトで遊ぶ男
を探しているようです。

まずは、スタバで軽くコーヒーを飲みに行きました。

「結婚して数年は落ち着いていたんですけど、また悪いムシが・・」

彼女は屈託のない笑顔でいいました。

ふつう女性は、浮気をすると罪悪感とかで苦しむはずなのですけど、
彼女はそういった感情を超越しちゃったらしいです。

「自分のセックス好きは、病気みたいなものだから、うまく付き合っ
ていくしかないんです・・」

「どちらにせよ、俺は今日はしっかり楽しめそうだね。」

「そうですね。ムフフ。裕太さんは、セックスお好きなの?」

「もちろん。エロい女性とのセックスは特に。」

「じゃあ、今日は2人とも楽しめそうね。」

こんなエロな会話をして、スタバを出ると、円山町のラブホテル街へ
と向かいました。

ホテルに入ると、裕美さんの上着を脱がして、シャツのボタンを外し
ました。

裕美さんは、スレンダーなんですが、出るところはしっかり出ている
という男性の性欲をかき立てるナイスバディーです。

本当に深田恭子の写真集を見ている様なナイスバディーです。

「いやあ、31歳の人妻とは思えないイイ体だな。」

「本当?これでも子供ふたり産んだのよ。」

「えっ、マジ。」

人妻なのは知っていましたが、まさか子供がいるとはまったく思いも
しませんでした。

「いや〜、今日のプレーは背徳感いっぱいだな〜。」

「悪いとか感情もってないクセに(笑)」

裕美さんにぶちゅとディープキスをすると裕美さんは激しく舌を絡め
てきました。そして、彼女の股間を私の膨張したペニスに押し付けて
きました。

「激しいのが好きよ♡」

彼女はいたずらっぽい笑顔で言いました。

お互い全裸になると、お互いの体をねっとりと舐め合いました。

乳房、おへそ、背中、お尻と2人の体は唾液まみれになりました。

それから、ふたりはシックスナインでお互いの性器を丁寧に舐め合い
ました。

先に我慢できなくなったのは、裕美さんの方で

「お願い。して〜。」

「何をして欲しいの?」

「いじわる〜。ペニスをい・れ・て。」

彼女は激しい息づかいで懇願してきました。

これ以上焦らしても仕方ないので、ペニスをゆっくりと挿入すること
にしました。

ゴムを着けませんでしたが、彼女は気にする気配がありません。受け入れ
体勢バッチリの湿りきった秘部にイチモツをゆっくり入れると満足そうな
顔をしました。

「本当にエロい女だなあ。」

「お互い様でしょ。」

ピストンを激しく繰り返すと、彼女の快感はMAXに達したようです。

「あん、あん、あっは〜ん。イイ〜。」

と部屋中に喘ぎ声が響き渡り、それに合わせてフィニッシュしました。
もちろん、膣外に射精しました。

「やっぱりセックスは気持ちいいね。」

彼女みたいにエロい人妻は初めてですが、やはり出会い系サイトには
SEXにどん欲なスケベな女性が多いですね。

おすすめの記事