夏は処女を捨てたい女の子がいっぱい 出会いのチャンスを逃すな!

出会い系サイトをやっている男性なら分かると思うけど
夏は処女を頂く絶好の季節なんだ。

処女を捨てたい女がサイトに大量に供給される唯一の時期だ。

経済学を持ち出すまでもなく、「需要と供給」の関係は
成果に大きな変化をもたらす。

この季節を逃すと処女とエッチをするのは、
よほどのラッキーがないと難しくなる。

「女性にとって初体験は大切なもの」

これは、バカ真面目な男性が勝手に思い描いている幻想だ。

周りの友達との“同調圧力”の強い女性にとって、
「処女である」こととは、
自分が売れ残りであることの証拠でしかない。

自分の感覚では、7月下旬から9月中旬が処女喰いのピークだ。
意外かもしれないが、9月もハイペースで処女と遭遇する。

おそらく、夏の余韻が残っていて、周りが楽しい夏を過ごした話を
嫌というほど聞かされて、寂しさを感じる季節だからだろう。

取り残された感を取り戻したい季節が、9月なのだ。

自分は、出会い系サイトで合わせて月3千円分のポイントの出費
しかしていない。

それで月1人または2人を抱いている。

しかし、夏の時期の7月から9月は、月2万円ほど投資している。

それで、月10人以上の若い女の子とセックスできる。

そのうち7割が処女だ。

処女好きにはたまらない季節だ。

出会いの手段はいろいろある。合コンやパーティーなど。

しかし、処女を簡単に頂ける手段は
出会い系サイトしかないのではないだろうか?

意外と処女と経験のある男性は少ないようなので、
処女のいいところを書きたい。

まずは、何と言っても“素直”な点だ

処女にとっては俺が初めての男性だ。

しかも年上なのだから男の言いなりなる。

・「シャワーを浴びずチンコを舐めるのが当然だ!」と言えば、即尺するし

・「お尻の穴を舐めるのがセックスの流れだ!」と主張すれば、アナル舐めする

・「顔にザーメンをかけるのが基本だ!」と説明すれば、顔射OKだ

自分の性癖に対して、文句言わず従ってくれるのが処女の良さだ。

そして謙虚さもうれしい。

女の子によっては、いちいち「〜していいですか?」と聞いてくる。

自分がやっていることが正しいのか分からないのだろう。

俺のペニスを手に持ちながら
「口に入れてもいいですか?」と指示を仰ぐ姿は
生意気な女に疲れた男性には清涼剤のようだ。

この前も18歳の短大生とセックスしたが、
シャワー浴びならがら、顔に小便かけるは、アナル舐めさせるは
やりたい放題だった。

それなのに、プレーが終わって別れ際に「ありがとうございました。」
とホテル代やら食事代を出してもらったお礼を深々とするんだ。

「3万以上出さないとエッチしない」とかホザいている円光女とは比較に
ならない清々しさだ。

ぜひ、この夏に向けて、多くの男性に出会い系サイトに挑戦して欲しい。

【お得な情報】
☆☆☆
に向けて出会い系サイトもアツいです。

会員数がダントツのPCMAX(18禁)なら
まったくの初心者でも若い素人娘を
月3ゲットも可能です。

今なら新規登録で無料お試しポイントが貰えるので
「本当に出会えるのか?」ぜひ、確かめて下さい。

参考記事:処女と出会える出会い系サイト

>>PCMAX(18禁)の詳細はこちら<<

コメントを残す